iPhone 6 のセキュリティの強さに 何故か FBI が怒ってる件

Posted on Monday, October 6th, 2014 22:31:33

こんな記事を見て、開いた口が塞がりました。

引用元:FBI長官、iPhone6を批判「法の免れさせる商品」

 米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」が高度な安全機能が犯罪捜査の障害になりかねないと、連邦捜査局(FBI)が懸念を強めている。プライバシー保護を強化した機能により、捜査機関が端末のデータを容易に解読できなくなるためだ。

 FBIのコミー長官は「法の適用を免れさせてしまう商品を売っている」とアップルを批判した。

要するに、iOS で保存されるデータは OS レベルで暗号化がかかるので、FBIが端末を押収してもパスコードがなければ覗けないから Apple に「なんてもの作るんだ!」と批判しているのだそうです。セキュリティが強すぎて、犯罪捜査の障害になりかねないのだと。そこをハックするのが FBI だと思っていたのですが、違うのですかね。

Apple も米国の会社なので、何かしらのバックドアがあって CIA なんかには提供されているのかもしれませんが、FBI にとってはそれは面白くないでしょう。でも、こんなこと宣伝している時点で、事実は逆で iPhone 6 は穴だらけだから、皆 iPhone 6 にしてくれたら操作が楽になるという意味で、こんなこと言っているのかもしれませんね。

まぁどうでもいいですが。ではでは。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0 follow us in feedly

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です